2013年08月15日

熱いですから


  みなさんは大丈夫だと思いますが

  この時期の犬(足)お散歩は路面チェックしてから出発しています…よ…ね…???


  真夏のアスファルトは午前10時を過ぎれば温度が50〜60度にもなると言われています
  http://www.akashi.ac.jp/lib/siryou/k50/50_031.pdf


  こんな熱い路面を散歩させるのは虐待です


  肉球が火傷します!!! 傷付いた肉球は再生しません!!!

  それにアスファルトからの放射熱による熱中症も気をつけないといけません

  http://www.dogactually.net/blog/2012/07/post-260.html


  自分の身を守るためでもありますが
  どうか自分のかわいい子を無知による散歩の為に
  辛い目に合せないであげてください




    数日前 午後の2時前
    小型犬を自転車引きでお散歩している人を見かけたのに
    声を掛けなかった自分が情けなくて

    こんなところで言ってみたところで…

    なのですが書くことにしました

  
    次にこの飼い主さんにお会いしたら声を掛けようと思います


      『こんな暑い熱い時間帯にお散歩しないであげてください』



        

  

ニックネーム かりんのまま at 00:13| Comment(2) | 日ごろ思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

知るということA−追記−


 昨日の記事に追記したいと思います


 ***************


 猫の殺処分数が多いから「猫には生まれ変わりたくない」ということではないんです
 「生まれ変わっても人間に殺されるから」ということではないんです



 人間は高い知能を持って進歩し続けています
  道具を作り使い
  言葉を作り使い
  ルールを作り従い
 生きています

 生活はどんどん便利になっていますし
 私もその恩恵に与りながら生活しています
 人間ってすごいと思います

 でもその人間の手で小さな命が軽く扱われていることを知ると
 胸が詰まるのです


  動物を虐待したり
  乱暴な繁殖をしたり
  殺処分の事実を知りながら飼育放棄(センター持ち込み)したり …

 

 昔飼っていた猫をうらやましく思って
 『猫に生まれ変わりたい』と思っていた私は
 本当になにも知らなかったんだな
 

 【知るということ】で楽しい空想もできなくなってしまったけど
 ペットと共に暮らすことについて考えるきっかけになりました



 殺処分がある現状

 何から手をつけたらいいかわからないけど
 たった一人の手じゃどうにも変らないことばかりだと思うけど
 目の前にあることから  なのかな


『目の前にあること』とは

P6021051.JPG

そう!これこれ!!

P6021050.JPG

「もっとあたしのこと勉強してください」

そうだよね



ニックネーム かりんのまま at 23:10| Comment(0) | 日ごろ思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

知るということA


 数日前に『生まれ変わったら何になりたいですか?』という新聞記事を読みました

 それからちょっと悩んでます
    (注)輪廻転生についてではないです


 みなさんは『生まれ変わったら何になりたいですか?』




 こういったことは友達や知人と何気ない会話で出てきたりします

 私がまだ子供だった頃は『猫!!!』と答えていました

 家で飼っていた猫を見て
  いつもいつも寝ていてうらやましいな
  呑気に生活して
  勉強はしなくていいし
  自分の気分が乗っていないときは周りの事を無視できて 
             … と思っていたからですね



 あるアンケート結果です

  ***********************

  Qもし生まれ変わるとしたら、また人間になりたいですか?

  A はい……714人(78.2%)
    いいえ……199人(21.8%)

  ***********************

 という回答だったそうです

 そして
 人間に生まれ変わるのが嫌と答えた人への質問と回答ベスト3

  ***********************
  
  Q何に生まれ変わりたいですか? 

  ●第1位 猫 ……38人
  ●第2位 鳥 ……21人
  ●第3位 植物 ……14人

  ***********************



 昔は『猫!!!』と答えてこの39人目になっていたと思います

 でも今現在は … 答えることができません


 かりんと暮らすことになり
 犬と暮らすことでこんなにも生活が明るく
 そして何より自分が変わっていく一方で
 あまりにも日本のペット事情を知らなかったと反省させられる日々です

 
 環境省のホームページリンクです
    ⇒犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況

 犬猫の殺処分数が年々減少傾向にあるとはいえ
 未だ万単位の個体数です

 



 『生まれ変わったら何になりたい?』
 『ねこ〜!!!』

 もうこう答えることは出来なくなってしまいました


ニックネーム かりんのまま at 23:44| Comment(2) | 日ごろ思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする