2014年03月12日

3年



あの日の事は忘れてはいけないと
自分に言い聞かせているつもりではありますが

それでも毎日なんとなく終わってしまう

忘れてしまう自分がここにいます


2011年3月11日
−東日本大震災−


あれから3年が経ちました

進まぬ復興
解決しない原発の問題

自分はなにができるのだろう
と考え
なにもできなかった自分

せめて
生かしてもらっていることに感謝して毎日を送ろう



せっかく犬と暮らす生活を選んだのだから

ペットの防災について
知識を取り入れていこうと思います




ニックネーム かりんのまま at 13:43| Comment(0) | 日ごろ思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

それぞれの理由




私たち人間と犬とでは言葉が通じるわけではありません

でも意思は通わせていないと
共に暮らしていく上で良いことはありません

人間から見て望ましい犬の行動
人間から見て望ましくない犬の行動
犬に教えると同時に

犬が私たちに送ってきている合図を
読み取れるよう人も学習する必要があります




いわゆる問題行動とされる この【問題】という行動ですが
彼らがその行動に出るのには
それなりの理由があり
そして
事前のサインを出しているのです




犬と暮らすこと

犬について考えること・調べること・諦めないこと
   
だと思うのです


お互いのストレスを軽減し
積み重ねていく日々の中で学んでいく

お互い成長しながら
良きパートナーになっていくんじゃないかな



写真.JPG



かりんがまだ小さかった頃
私はよく泣いてました

かりんの訴えがわからず
かりんに
怒鳴り
手を上げ
背中を向けて泣いていました



さっきまで楽しく遊んでいたのに
急に唸って歯向かってくる
イタズラも挑戦的
排泄も故意にシートから外す
散歩だってままならず

かりんがいつ襲いかかってくるのか恐怖を感じていました


何をどうしたら良いのか分からず
ただただ疲れる毎日でした


ある日
夜の散歩で人影のない公園に差し掛かったとき

「かりん
もう無理だよ
サヨナラだよ」

と泣きながら
かりんを公園の木に繋ぎ
その場を去ったのです



でも20mも離れられませんでした



「置き去りにされた!」 
なんて疑ってもいない様子のかりんを見たら

ただただ申し訳ない気持ちになりました

わかってあげられない自分が情けなくて



本当に疲れた日々でした



********


ある日
かりんの挑戦的なイタズラに
泣き叫びながら
「イケナイ!!!」と制止したとき
ある思いがよぎりました

とその瞬間おもいきり噛まれました



『ある思い』とは

私はかりんのありのままを受け入れよう
私はかりんを見捨てない
私は諦めない!!!


という思いです




私はこのブログを始めるにあたり
ニックネームを『かりんのまま』としました

かりんのそのままを愛することに決めたのです


もちろん一緒に暮らしていく上で
されては困るかりんの行動は
共に学び教えていくつもりです



********


それからしばらく経つと
私の心は強くなり
泣くことはなくなりました



悩み続けていたとき
ドッグトレーナーさんに相談・トレーニングをお願いしました
3回目を終えた頃に気持ちが強くなったのを覚えています
(※こちらのトレーナーさんにお世話になったのはそれきりです)


いまもかりんの興奮しやすいところや
お散歩が上手にできないところを悩んだりしますが
いいんです
一緒に成長していくことに決めましたから




生活の状況も変わり
主人がドッグトレーナーの勉強を始め

今はかりんの専属及び終生トレーナーさんとして居てくれるので
心強いです



犬と暮らすことで悩んでいる方がいたら
ひとりで泣かないで…と伝えたいです

色々な躾本や問題行動の抑制方法がありますが
『これが正解』というものは無いのです

自分と
自分が一緒に暮らすことを決めたその子に合った
共に暮らす方法を見つければ

時間はかかるかもしれませんが
ひとりで泣いて
その子を手放してしまうことを考えたら

その時間はむしろ家庭学習の教材だったのかと思うのです




いま私はかりんと出会えたことを嬉しく思っています

一緒におばあちゃんになるのが目標です



長々と書きましたが
最後まで読んでいただきありがとうございました




ニックネーム かりんのまま at 20:32| Comment(4) | 日ごろ思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

私の家族▼・w・▼健太



  年末になるとなぜ捨て猫・捨て犬が増えるのでしょう


  年末の大掃除で出た不用品の数々の中に

  昨日まで一緒に暮らしてきた子が入っているのでしょうか?

   その子と昔一緒に遊んだでしょうに
   その子のかわいい瞳に負けて「おやつ」あげていたでしょうに
   その子が病気になった時 とても心配したでしょうに

  楽しいことばかりではなかったかもしれないけど

  でもやっぱり家族として一緒にいたはずなのに


  どうして
  どうして一緒に暮らしてきた子を手放して
  人目が付かない場所を選んで捨てたり
  保健所や愛護センターへ連れて行ったり
  …かなり高い確率で殺されてしまう方法をとるのでしょうか


  どうか不用品のように 粗大ゴミのように捨てないでほしい



** ** ** **




お願いです… 捨てないでください 


そして自分の良心も捨てないでください



…どうしても一緒に暮らせないのなら
新しい家族をさがしてあげてください




** ** ** **





  
  私の犬(笑)ケンケンがこんなところに居ましたかわいい

    ⇒あたたかい家族に迎えられた仲間たち
    ※2013年度8月25日譲渡決定 健太くん

  ケンケン やっぱりかわいいなぁ
  
  … とつぶやいていたら 私の背中に向かってかりんが睨んでました … おぉこわったらーっ(汗)


  
ニックネーム かりんのまま at 23:11| Comment(4) | 日ごろ思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする